在学中の留学生のみなさんへ

正しい情報に基づき体調管理を徹底し、感染リスクを考えた責任ある行動と感染予防を行ってください。

基本的な予防対策

  1. 手洗いを徹底し、手指の消毒をしましょう。
  2. マスクを着用しましょう。
  3. 部屋の換気をしましょう。
  4. 少人数・短時間で食事をしましょう。食事のシェアはせず、食事以外の時間はマスクを着用しましょう。
  5. 3つの「密」(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話)が重なる空間は避けましょう。
  6. 毎日、体調チェックをし、体調が悪い時は自宅で休みましょう。
  7. 新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(厚生労働省)をインストールしておきましょう。
新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA

Apple

Google

感染リスクが高まる「5つの場面」

厚生労働省からは、『感染リスクが高まる「5つの場面」』として、下記が挙げられています。

  • 飲酒を伴う懇親会等
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり

感染の疑いがある場合

感染したかも?と思ったら

発熱や咳などの症状がある場合は、外出をせず、かかりつけ医または受診相談センターに電話で相談してください。

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター
(24時間対応)
Tel: 086-803-1360
外国人旅行者向けコールセンター
(対応言語:英語、中国語、韓国語・24時間対応)
Tel: 050-3816-2787

以下のいずれかに該当する場合には、すぐに相談してください。
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)
  • 強いだるさ(倦怠感)
  • 高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
  • 症状が4日以上続く場合

センターでの相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナウイルス外来」を紹介してもらえます。受診するときは、必ず電話予約をし、マスクを着用してください。

キャンパスで体調が悪くなったら

保健管理センターに相談してください。

津島キャンパス Tel: 086-251-7217
E-mail: hokekan1●cc.okayama-u.ac.jp(●を@に書き換えてください)
鹿田キャンパス Tel: 086-235-7487
E-mail: hokekan2●md.okayama-u.ac.jp(●を@に書き換えてください)

感染したことが分かったら

すみやかに自分の所属部局・研究科へ報告してください。
留学生宿舎に入居中のみなさんは、宿舎管理人にも必ず報告してください。
感染拡大防止措置については、保健所の指示に従ってください。

参考・関連リンク

再入国について

  • 日本政府は、水際対策の強化を実施しています。現在再入国拒否の国・地域は指定されていませんが、今後の変異株の流行状況によっては、急遽水際対策が変更され、再入国不可の措置が取られる可能性があります。
    各自最新の情報を外務省のサイトで確認してください。
  • 現在、日本に再入国した際は、特定の国・地域からの再入国者は政府の指定する日数の入国後待機が必要で、費用は全て自己負担となります。
    公共交通機関の使用にも制限がある場合があります。
  • 国費留学生については、母国へ帰国した後、空港封鎖等やコロナウイルス感染、日本の入国拒否の措置等の理由により、日本に戻ることが出来ず、既に配布済みの在籍確認カレンダーの期限までにサインが出来ない方は、奨学金の受給は出来ません。
    支給されない理由は、奨学金自体が、日本国内の生活費として充当されるものであるためで、これについての特例措置等は行われません。
    ※再入国直後の指定期間の隔離措置によりサイン出来ない場合は留学交流課(dde7046●adm.okayama-u.ac.jp *●を@に書き換えてください)にお尋ねください。

    上記を踏まえ、母国への帰国や海外への渡航については慎重に決めてください。
    コロナウイルスの情報は日々変化しています。
    最新の情報は必ず自分で把握してください。

    日本に再入国する際の手続き(厚生労働省)