IISMA(インドネシア政府派遣)プログラム

概要

‘Indonesian International Student Mobility Awards’(IISMA)は、インドネシア政府の奨学金制度で、インドネシアの学生(学部生)が世界各国から選抜された大学へ留学するための制度です。この制度は、インドネシア政府Kemdikbud(教育文化省)の高等教育総局(Directorate General of Higher Education)が管轄しており、インドネシア全土の高等教育機関の学部生を対象としています。
申請基準を満たした候補生は、在籍している大学から推薦され、インドネシア政府によって審査・選考されます。
採用されたIISMA留学生は、海外の提携大学で最大One Semesterを過ごすことができ、勉強のみならず、派遣先国の文化を体験し、課題をこなしていきます。
本制度の目的は、インドネシアの学生が知識やスキルを身につけ、意見交換や文化体験を通じ、海外の学生や研究者、国際的なコミュニティとのネットワークを構築することにあります。また、インドネシアの大学にとっては、海外の提携大学との学術的なパートナーシップを強化・発展させることが期待されています。

岡山大学は本プログラムの提携大学として採択されました。
IISMA留学生は本プログラムに参加することにより、日本最大級の総合大学である岡山大学で学ぶ機会を得られるだけでなく、主に英語で行われる授業や全学日本語コースの授業を履修しながら、岡山大学の学生や地域との交流をする中で、日本での生活を直接体験することができます。また、日本の文化、習慣、社会的背景を学び、理解することにより、自己成長の機会を得ることができます。

IISMA留学生は岡山大学の国際学生シェアハウスに滞在し、日本人学生1名と他2名の留学生とユニットを共有し、異文化理解を深めていきます。
この寮は、岡山大学津島キャンパス(メインキャンパス)から徒歩5分という大変便利な場所にあるため、大学の図書館、コンピューター室、学食等の大学施設にも簡単にアクセスできます。

お問い合わせ

インドネシア政府担当者


Indonesian International Student Mobility Directorate of Learning and Student Affairs Directorate General of Higher Education (DIKTI)
Ministry of Education and Culture, Republic of Indonesia

担当者: Elvira F. Tanjung, Ph.D.
Jl. Raya Jend. Sudirman Gedung D, Lt. 18 Central Jakarta
E-mail: subpokja-merdekaglobal●kemdikbud.go.id
※●を@に置き換えてください。
岡山大学担当者


国際部留学交流課

〒700-8530 岡山市北区津島中2-1-1
Tel: 086-251-8547
E-mail: epok-inbound1●adm.okayama-u.ac.jp 
※●を@に置き換えてください。