海外からの、主として大学間交流協定等で交流実績のある大学の学生を国費外国人留学生として採用することを、「大学推薦」といいます。
これは、日本の受入れ大学より文部科学省に推薦する方法で、対象は、研究留学生及び日本語・日本文化研修留学生です。
大学推薦による国費外国人留学生の渡日時期は、研究留学生及び日本語・日本文化研修留学生にあっては、原則として10月渡日としています。

文部科学省 国費外国人留学生制度について

大学推薦の種別

種別 応募資格
※その他の応募条件は募集要項等で必ず詳細を確認してください。
研究留学生 満35歳未満で、大学卒業者(見込みを含む)。 又は、学校教育における16年の課程を修了した者。
日本語・日本文化研修留学生
(詳細はこちら
満18歳以上30歳未満で、来日及び帰国時点で外国(日本国以外)の大学学部に在学し、日本語・日本文化に関する分野を専攻している者。

募集・選考等スケジュール

時期 過程
※スケジュールは変更になる場合があるため、必ず該当年度の募集要項等を確認してください。
12~1月頃

募集通知

各部局で異なる 申請書類の学内提出 (学内の各研究科・学部の定める締切日までに提出)

3月上旬以降

 

学内選考委員会にて推薦者を決定

本学から文部科学省へ推薦書類を提出

6月頃 文部科学省にて採用者決定
10月 採用者渡日

待遇

大学推薦による国費留学生の奨学金等の待遇は、こちらをご確認ください。