留学生宿舎・借り上げアパート

 

岡山大学には、桑の木留学生宿舎福居留学生宿舎国際交流会館国際学生シェアハウスの4つの外国人留学生・研究員宿泊施設があります。これらは、本学の外国人留学生及び本学で研究に従事する外国人研究者に居住の場を提供し、併せて国際交流の促進に資することを目的として設置されています。

また、大学が生活に必要な家具・家電を付けて留学生に貸している借り上げアパートがあります。大学が民間アパートの賃貸契約をし、初期費用を負担しています。
これらはいずれも、津島キャンパスから徒歩圏内の便利な場所に位置しています。

入学前の手続きについてはこちらをご確認ください。

ご注意ください

4月以降に入国される方で、桑の木留学生宿舎、福居留学生宿舎、国際交流会館に入居予定の方のみ、一定の条件を厳守のうえ、宿舎での待機を認めます。それ以外の方は、国際部や所属部局からの指示に従ってください。(2022年3月16日更新)
最新の情報を確認してください。

宿舎のルール

規則に違反した場合は、警告カードを発行します。イエローカードは3枚累積すると即時退去処分、レッドカードは1枚で即時退去処分です。警告カードの基準についてはこちらをご確認ください。

共同生活の中でお互いが快適に過ごすために、守らなければならないルールがあることをご理解ください。詳しいルールは、各宿舎の入居案内や、入寮オリエンテーションで確認しましょう。

岡山大学は、キャンパス内全面禁煙です。自分の居室も含め、宿舎敷地内も全面禁煙ですので注意してください。

管理人とRA(レジデント・アシスタント)

各宿舎には、宿舎管理人が決められた時間に勤務しています。入居中のトラブル等には、管理人が対応します。また、桑の木留学生宿舎には、日本人学生がRA(レジデント・アシスタント)として入居し、生活のサポートをしています。