在籍クラス・カリキュラム

在籍クラス

出願時に選択できるクラスについて

本コースでは、出願時に入学を希望するクラスを選択できます。選択できるのは、入門クラスと基礎クラスです。自身の専門や日本語能力をもとに、内諾教員と相談の上、出願を希望するクラスを選んでください。出願後、希望クラスを変更することはできません。

クラス 概要
入門クラス 週6時間の日本語科目および活動を提供します。加えて、理系研究科を希望する学生は、専門科目の聴講や研究室活動を週4時間行います。文系研究科希望者には、論文作成科目のほかフォローアップによる支援を行い、将来的に必要となる学術日本語能力向上を支援します。
基礎クラス 週10.5時間の基礎学術日本語科目を提供します。研究活動で必要となる4技能(読み・書く・聞く・話す)を学び、総合的な学術日本語運用能力を身につけます。また、日本語科目の授業時間と重ならない範囲で、研究科の授業の聴講や研究指導を受け、大学院進学に向けた準備を行います。
応用クラス 週10.5時間の学術日本語科目を提供します。基礎クラスで身につけた日本語能力を応用し、より豊かで適切に表現する能力を身につけます。応用クラスの科目を通して、自分の研究に対して、より実践的な文章作成技能やコミュニケーション技能などを身につけることができます。
※応用クラスは、基礎クラスを修了した学生のみ選択できます。
専攻科クラス 半年以上本コースで学習した学生が、選択できるクラスです。学習は、学部、研究科における専門科目の聴講や研究室活動への参加が中心です。研究科の教員の指導の下、大学院進学後に必要な専門知識及び技能を習得します。希望者は、既習の学術日本語科目を2科目まで再履修できます。※専攻科クラスは本コース出願時に選択できません。

カリキュラム

クラス 科目
入門クラス 学術日本語:語彙・文法
学術日本語:聴解
日本語コミュニケーション
日本語論文作成入門
学術日本語補講
基礎クラス アカデミックリスニング
学術日本語表現Ⅰ
学術日本語表現Ⅱ
学術文章読解
口頭表現演習
個別研究Ⅰ
コミュニケーションスキルⅠ
日本語文章力Ⅰ
応用クラス アカデミックリスニング
学術研究演習
口頭表現演習
個別研究Ⅱ
進学支援指導
コミュニケーションスキルⅡ
日本語文章力Ⅱ